4月の桜の季節になったら、地方から続々と大学や専門学校の新入生がやってきます。

学生向けマンションを選ぶ条件
学生向けマンションを選ぶ条件

4月の桜の季節になったら

★29歳 女性

4月の桜の季節になったら、地方から続々と大学や専門学校の新入生がやってきます。地元を離れて、学校から近いマンションやアパートへ入居することになりますが、初めての一人暮らしで、すごく不安なことはあると思います。
私もひとり暮らしをした経験がありますので、学生向けマンションを選ぶ条件としてあてはまるのが、管理会社がしっかりしているかどうかです。
ひとり暮らしをしていると、何かとトラブルが多く、自分では対処できない問題が降りかかってくることや、思わぬご近所トラブルにだって巻き込まれてしまう可能性があります。そんな困った時に、すぐに駆け付けてくれて円滑に解決をしてくれる管理会社でしたら、問題ないと思います。しっかりとした、評判の良い管理会社が運営している学生向けマンションでしたら、セキュリティーもしっかりしていますし、物件によっては管理人さんが常駐しているところもあります。
ほんの少し他の物件よりも高くても、入居する価値は十分あると思います。

いよいよこれから本格的な受験シーズンがスタートしますが

★40歳 男性

いよいよこれから本格的な受験シーズンがスタートしますが、あと一ヶ月もすれば、今度は自宅から通うのが困難な学生による部屋探しが本格化します。
ちなみに私も、大学時代には賃貸マンションを借りて、親元を離れて四年間一人暮らしをしたのですが、これから学生向けマンションを選ばれるという方に、特に声を大にして言っておきたいのは、退去時の修繕費用で大家さんともめないように、部屋の詳細な写真は、入居前にキチンと撮っておけという事です。

これから入居しようというのに、今から退去時の事まで考えなくてもと、多くの方は思われるでしょうが、学生は普通に単位を落とさずに卒業すれば、四年後には確実にその物件を出て行くことになる訳ですから、入居前に退去時の事を考えておくのは、決して早すぎるという事はありません。
なお、私の場合は、特に故意や過失による部屋の損傷などが無かったのにもかかわらず、退去前に大家さんに部屋を見てもらった際には、相当な額の修繕費用を請求されてしまいました。
それでも、私が入居前の部屋の写真をキチンと証拠として残していた事もあって、結局は壁紙の張り替えなどの、最低限の修繕費用を負担するだけで済みました。

学生の方は、これから契約した賃貸マンションに入居する前には、くれぐれも詳細な部屋の状態を写真として残しておいた方が良いと思います。

Copyright (C)2016学生向けマンションを選ぶ条件.All rights reserved.